ヴァレデローズの製品は最高品種ダマスクローズのローズオイル、ローズウォーターを使用しています

ヴァレデローズ

ヴァレデローズ
ヴァレデローズ

“神の娘”と呼ばれる花

Daughter of God

古来より、世界中の人々に愛され続けるローズ。 中でも香り豊かな香料品種のダマスクローズは、化粧品や香水の原料として使われ日本でも親しまれています。
このダマスクローズ、ブルガリアやフランスが産地として知られていますが、発祥の地は古代ペルシャ帝国(現在のイラン)なのです。その歴史は古く紀元前12世紀、イラン南西部シーラーズで宗教儀式の ために世界で初めてダマスクローズの栽培が始まったと言われています。
ローズウォーターには浄化作用があるとされ、日本の塩や御神酒のように、心身や場を清めるものとして使われていたのです。

ペルシャ語で花のことを「gol/ゴル」と呼びますが、イランでは200年前までゴルと言えばダマスクローズを指し、他の花は固有名詞で呼ばれていたそうです。
また、ペルシャに古くからあるゾロアスター教ではSon of God (神様の息子)は太陽、 Daughter of God(神様の娘)と言われていました。現在でもダマスクローズは「ゴル・ムハマンド」、イスラムの偉大な預言者「ムハマンドのバラ」という別名で呼ばれています。
イランの国花がバラであることからもわかるように、ペルシャの時代 から人々にとってダマスクローズは、アイデンティティと言っても過言ではないくらいに特別で尊いものなのです。

私とペルシャローズの出会い

Love RoseWater

新井 美月

ヴァレデローズ代表
1967年生まれ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

ローズウォーターは、ダマスクローズという品種の香料バラを蒸留し、水蒸気を冷やして集めた芳香蒸留水ですが、ただの香りの良いお水ではありません!

私は2010年にストレスで心身を壊してしまい、その時にイラン人の友人からペルシャローズウォーターをもらって初めて飲みました。
それまではローズウォーターは肌につけるものと思っていましたが、飲んでみると不思議な安心感に癒されました。睡眠導入剤を飲まないと眠れない日々を送っていましたが、その夜はぐっすり眠れたことを覚えています。
翌日から、生活環境は変わっていないのに気持ちが明るくなり、通院しても治らなかっためまいや偽怠感がなくなり、数日ですっかり元気になりました。
そしてイランのペルシャローズウォーターが大好きになった私は、『こんなに素晴らしいものなのだから必要としている人がたくさんいるはず』と、根拠のない確信を持って周囲の人たちに自分の体験を話し続けると、応援して下さる方々が現れ、翌2011年にはヴァレデローズというブランドを立ち上げて銀座でサロンを経営するに至りました。それまでは専業主婦だった、43歳の時です。
ローズウォーターには、体臭を良くする、ホルモンバランスを整えるなど様々な効果があると言われていますが、私の場合は自分の中にしっかりと軸ができた事がとても大きかったです。好きなものは好き、苦手なものは「あ、これは苦手だな」とはっきり感じ、それに従って行動できるようになりました。

そんなの当たり前じゃないかと思われるかも知れませんが、それまでの私は常に周りにどう思われているかが気になり、他人や環境や砦細な出来事に振り回されていたのです。それを、まず自分の気持ちがー番 なんだと気付かせてくれたのがローズウォーターでした。初めてイランに渡った時も子供達を始め周囲は危険だからと反対でしたが、私は自分を救ってくれたローズの故郷に必ず行けると信じて、焦ったり不安を感じたりすることはありませんでした。すると自然に周囲の協力が得られるようになり、2012年5月に初めてイラン・カーシャンのバラ畑に立つ事ができたのです。
その時の感動は、言葉で言い表すことができないくらいです。早朝の青銅色の空に浮かび上がる5000m級の山々に囲まれ、静かに朝露を湛えて咲くー面のペルシャダマスクローズ。その姿は神々しくさえあり、あまりに素晴らしい世界に圧倒されて佇んでいました。そしてこれを日本女性に伝えたいという思いをさらに強くしたのです。
ダマスクローズの生育には、空気の乾燥度、水や土壌の質、日照時間、そして昼夜の寒暖差が大きく影響します。ダマスクローズ発祥の地で あるイランはこの条件を全て満たしていて、限りなく野生に近い状態で花が育ち、私はここに大きな意味があると思っています。3000年以上も前から咲き続けるペルシャローズは、人間が作ったものではありません。科学的根拠が乏しい事、イランのとの貿易事情などから、今まで日本であまり知られることがなかったこの歴史あるローズの背景を、次回から少しずつお伝えして行きたいと思います。